ガソリン代を節約するガソリンカードのご紹介
ガソリンカードお得ガイド

あなたにピッタリのカードは?

シチュエーション別におすすめのガソリンカードを解説

前回までの内容のまとめとして、カードの利用状況、シチュエーション別にお得なガソリンカードをご紹介します。

必ずお得なカード

まず、利用できるガソリンスタンドに出光SSがあれば、出光カードまいどプラスは必ずお得になります。 ガソリン価格が180円として2円引きなので、1.1%の還元。ガソリンが1リッター200円になっても1%の還元があります。また、カードの利用額も関係ないので、無理に支払いをクレジットカードにする必要もありません。

もちろん、『出光カードまいどプラス』で他の買い物をしてもポイントも付いてきますので、メインのクレジットカードとしても十分使えます。年会費も永久無料なので、とりあえず作っておくだけでも損はありません。

毎月のガソリン代が5000円未満、または、ガソリン代が5000円〜1万円未満だが利用額が少ない場合

毎月のガソリン代が5000円未満と比較的あまり車を利用しない方は、変動還元型のガソリンカードよりポイント還元タイプの普通のクレジットカードのほうが、お得になる場合が多いです。変動還元タイプのガソリンカードは、前々月のショッピングなどの利用額で、当月のガソリン代を割り引きますので、ガソリン代自体が少ないと還元率が低くなってしまいます。

ガソリン代
カード利用額 3,000 還元率 5,000 還元率 10,000 還元率
10,000 30 0.23% 50 0.33% 100 0.50%
30,000 90 0.27% 150 0.43% 300 0.75%
50,000 150 0.28% 250 0.45% 500 0.83%
70,000 210 0.29% 350 0.47% 700 0.88%
100,000 300 0.29% 500 0.48% 1,000 0.91%
150,000 450 0.29% 750 0.48% 1,500 0.94%
200,000 600 0.30% 1,000 0.49% 2,000 0.95%
300,000 900 0.30% 1,500 0.49% 3,000 0.97%

この表を見てもわかるとおり、ガソリン代が5000円、カード利用額が30万円のときは、ガソリン代は5000円から1500円も値引になるので、30%の値引ということですが、その値引を得るために、利用額30万円を使っています。ですので、ガソリン代と利用額を合計した金額から還元率を考えると、結局、0.49%しか還元されていません。

ポイント還元タイプのクレジットカードVIASOカードでは0.5%の還元率ですから、ポイント還元タイプクレジットカードの方がお得ということになります。

同様の理由で、ガソリン代は5千円〜1万円未満の範囲だがカード利用額が少ない場合もポイント還元タイプクレジットカードの方がお得になります。

毎月のガソリン代が5000円以上でクレジットカードもそこそこ利用する場合

毎月ガソリン代をそこそこ使い、クレジットカードでの利用額も2、3万以上はあるという方は、還元率が0.5%を上回ってきますので、変動還元タイプのガソリンカードがお得です。

燃費やガソリン価格にもよりますが、最近のガソリン代の高騰で、1日10キロも走れば月に5000円以上かかってきますから、ほとんどの方は5000円以上かかってくるのではないでしょうか。

ただ、変動還元タイプのガソリンカードには給油金額や還元の上限などが、月1万円の給油までとか還元額は月3000円までというふうに定められていることが多く、月にガソリン代5万円分とか、ものすごくたくさん使う方は、ポイント還元タイプのクレジットカードとあまりかわらなくなってしまいますので注意しましょう。


Copyright ガソリンカードお得ガイド All rights reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

[PR] ローン 借り換え フリーローン比較ガイド おまとめローン